「ドローンレーサー」とは?発売店舗・メリット・危険性など情報まとめ!

日経トレンディによる2017年ヒット予想商品の第5位に選ばれたのが、『ドローンレーサー』です。

『ドローン』と言えば2015年のヒット商品に名を連ねた無人小型自動飛行機のことですが、それと『ドローンレーサー』は何か違いがあるのでしょうか。

調べてみました。

ドローンレーサーとは

20571w_pc7_l_1
画像引用:http://rc.kyosho.com/ja/20571w.html

『ドローンレーサー(DRONE RACER)』とは、ラジコンメーカー『京商』から発売された、自動高度制御機能を持つ新感覚のドローンです。





高度制御はセンサーによって自動で行われるため、コントローラーは従来のドローンのようなレバー型ではなく、ラジコンカーと同じホイール型で、操作はハンドルとアクセル・ブレーキのみというシンプルな構成になっています。

従来のドローンでドローンレースを行うには操作が難しく、さらに航空法の改正によってドローンを操縦する許可を行う手続きも必要となったために初心者には壁が高いとされてきましたが、このドローンレーサーは容易な操作で、かつ面倒な手続きも不要で気軽にドローンレースを楽しむことができるということで注目を集めています。

カラーはブラックとホワイトの2種類があります(2017年1月時点)。

ドローンレーサーの発売店舗や情報

ch_osaka
画像引用:http://www.rc-champ.co.jp/Champ_Web_Main/Shop/about.html

ドローンレーサーは京商製品取扱店で販売しています。

京商製品取扱店は公式ホームページで確認できます。

http://rc.kyosho.com/ja/shop/

店によっては売り切れている可能性もありますので、確実に入手したいのであれば公式サイトの通販を利用したほうが在庫確認の手間が省けます。

ただし、通販では購入前に現物を確認できないので、しっかりチェックしてから購入したいのであれば店舗に入荷するのを待つ方がよいでしょう。

特に初心者の方は店員のアドバイスなどを受けたうえで購入した方がよいと思われるので、その辺りに詳しい店員がいるラジコンショップでの購入がおすすめです。


ドローンレーサーに関する期待や声(Twitter)

20571w_pc8_l
画像引用:http://rc.kyosho.com/ja/20571w.html

ドローンレースに興味はあったが参入への壁の高さによって躊躇していた人にとっては、操作などが容易なドローンレーサーの魅力は高いと思われるので、そういった層の参入によってドローンレース界隈が賑わうことが期待されています。



しかし軽量であるがゆえに風に弱いです。

低空飛行限定なので墜落によるダメージはそれほど大きくはないようですが、突風などによって水没・ロストする危険性が高い点は気になるところです。




人との接触の危険性もあるので、航空法には引っかからないとはいっても思ったほど自由に飛ばせるというわけではなさそうです。

総じて名前の通り『レース』向けの作りで、『ドローン』というより『エアカー』と言うべき性能となっており、レースに興味を持つ方からの期待の声が多いようです。



まとめ

20571w_pc11_l
画像引用:http://rc.kyosho.com/ja/20571w.html



従来のドローンと大きく異なる仕様で話題の『ドローンレーサー』。

これまでのドローンレースの光景を大きく可能性を秘めており、今後の大会などの展開が期待されています。

ドローンレースに興味のある方は一度『ドローンレーサー』をチェックしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク