「じっくり聞いタロウ」TV出演の門脇浩氏は元マル暴だった!経歴まとめ

じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~

この番組に出演されていた門脇浩と言う方がいたのですが、名前を言われてもピンと来ない方も暴力団犯罪のニュース番組などで見たことがある人もいるのではないでしょうか。

実はこの門脇浩氏は元大阪府警警部で、特に暴力団関連のニュースではコメンテーターとして活躍されています。

そんな門脇浩氏の素顔に迫りました。

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演の門脇浩氏は元マル暴だった!

門脇浩氏のプロフィール

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演の門脇浩氏は元マル暴だった!01
画像参照元:http://www.o-m-g-kado.com/

1960年5月生まれで島根県の出身です。

31年間警察に尽力を尽くしてきた元警部です。

その警察生活のほとんどを、暴力団がからむ犯罪捜査に従事してきました

中でも1984年から1989年の5年間にも及んだ暴力団抗争事件「山一抗争」では一致団結し積極的に捜査に加わり抗争を終結へと導きました。

近畿管区警察局長賞」や「警察大学校長賞」、それに「本部長賞」を13回受賞している他、退職時には「警察功績賞」も受賞しているすごい人ですね。

好きな言葉は「命もいらず、名もいらず、官位も、金もいらぬ人は始末に困るものなり…」です。

2017年5月、所属事務所を「MIYABI Promotion」へ移籍しました。¥

スポンサードリンク

門脇浩氏はどんなことをしてるの?

「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」に出演の門脇浩氏は元マル暴だった!02
画像参照元:https://twitter.com/minamigyo

現在は大阪ミナミ総合行政書士事務所の代表に就いています。

刑事法務だけでなく民亊法務などの行政書士としても活躍しています。

また、広く悩みごとの相談窓口を開いていて、よくある職場のパワハラ問題なども刑事、民事両方の視点から的確なアドバイスを行っています。

さらに、神戸山口組の分裂抗争など暴力団抗争に詳しいので、テレビを始め、各メディアのコメンテーターとしても活躍していたり、「暴力団から身を守る方法を学ぶ」などのセミナーを全国で開いています

スポンサードリンク

「じっくり聞いタロウ~スター近況()報告~」にTV出演

じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」は、いろんな業界の裏側をその道に精通している方に登場してもらい、その内部の実情を告白してもらう情報・バラエティ番組です。

2017年5月18日深夜に放送されたこの番組では、暴力団事務所への超危険なガサ入れ現場の様子に密着取材。

暴力団を取り締まる警察組織の捜査第四課、通称“マル暴”の動きを追跡しました。

元マル暴だった門脇浩氏が現場で拳銃を向けられたことや命の危険にさらされたことなどを激白してましたね

まとめ

門脇浩氏が話す内容は、実際にその現場にいたからこそ語れるものであり、それは一般の人にとってはとても衝撃的なものも多いです。

でもそういったことをテレビなどで包み隠さず話すのは、門脇浩氏はとても勇気のいることだと思います。

元マル暴として、また行政書士として、まだまだ門脇浩氏を必要としている人はたくさんいるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

矢幡洋の怪我や傷の真相は?カツラを告白もフルボッコが気になる!

スポンサーリンク