豊田真由子の性格は両親が原因との噂!「所作や話し方が豊田議員とそっくりだ」

スクリーンショット 2017-07-05 4.44.51

豊田真由子さんが秘書への暴言などで話題となっておりますが、やはりあのような気性になったのは両親の影響が大きいとの指摘もあります。

この件について今回はまとめてみました。

 午後4時を過ぎたころ、車で両親が帰ってきたため「娘さんの件で……」と父親を直撃すると、記者の声をさえぎるように話し始めた。

「その件はいま話しても意味はないでしょう。君たちは結論が決まっとるから。いずれ山ほど話すことはあるよ。約束はできないけど……」

白髪でヒゲをたくわえており、話し方は落ち着いている。

─娘さんがこのようになる兆候は、小さいころからありましたか?

「君に幼い娘がいたとして、今の段階でそういった兆候が見えると思うかい? 見えないだろう。子どもというのはそういうものだ」

─暴言を吐いたときは機嫌が悪かったんでしょうか?

「なにか事情があったんだと思いますよ」

娘の心情を必死に理解しようとするあたり、父親としては何があっても信じてあげたいのだろう。ここで母親が現れ、苛立った様子で割り込んできた。

「マスコミは相手にしませんので…」

続けて激しい口調で、「もう、いいから早く家に入んな!」と夫にまくしたてると、こちらの取材には答えてくれなかった。所作や話し方が豊田議員とそっくりだ。

近所の住民によると、

「あの家は父親が東大、母親が東京外語大出で、娘3人も高学歴。長女は医者、三女は弁護士だから、次女の豊田議員も東大卒とはいえ、四方八方からプレッシャーを感じながら育ったんでしょうね」

父は“山ほど話すことがある”と語っていたが、その中身が明らかになることは、この先あるのだろうか……。

http://www.jprime.jp/articles/-/10054?page=2

スポンサードリンク


豊田真由子さんは父親が東大、母親が東京外語大で、学歴については相当なプレッシャーを受けて育ったのは間違いなさそうです。

3人兄弟も全員高学歴のようで、医者・弁護士ということでまさにエリート家族ですね。

上記の豊田真由子さんに関する実家でのインタビューの途中では、母親は苛立った様子で「マスコミは相手にしませんので…」と割り込み、続けて父親に激しい口調で、「もう、いいから早く家に入んな!」とまくしられたようです。

「所作や話し方が豊田議員とそっくりだ」とのことですから、やはり家庭環境が豊田真由子さんの凶暴とされる性格を形成した可能性は、大きそうですね…。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク